こんぴら産にんにくで作りました

生産高第2位

香川県はニンニクの生産量第二位となります。中でも琴平町は県内一の出荷量を誇ります。

私共、こんぴら安藤農園では平成9年からにんにく作りを続けています。

ニンニクは薬味として脇役に甘んじることが多く、にんにく農家としては悔しく感じていました。

 

主役として輝く製品の開発に取り組み、平成21年に”こだわりの”黒にんにくを香川県で最初に開発しました。

 


象頭の黒にんにく

独自の製法による象頭(ぞうづ)黒にんにくは、酸味が少なく甘みが強いのが特徴です。

食べると香ばしく、ほんのりにんにくの味も残っていますが、食べやすくプルーンやチーズのような食感です。

にんにく特有のにおいも黒にんにく に なることによってほとんどなくなります。

着色や添加物は一切加えておらず、自家栽培のにんにくで作った100%香川県琴平産にんにくです。


2012年度香川県産品コンクール優秀賞

2012年度香川県産品コンクールにて、優秀賞を頂いています。


瀬戸内ブランド

平成25年12月6日、こんぴら黒にんにくと塩の黒にんにくが瀬戸内ブランドに認定されました。